大阪のたまごサンドしらんの???

大阪大学在学中のたまごサンド大好き人がたまごサンドと共に生きるブログ

【やまびこベーカリー@心斎橋】インスタ向け中身のないパン屋!いくら有名なシェフプロデュースだからって美味しいわけではないヨ~

 

 

 

 

 

 

 

おはようございます、こんにちは、こんばんは!

藤井寺市の旨すぎる佃煮の店を知ってしまったたま男です。

 (このブログはスマホ版スマートニュース版ではなくPC版で見ていただけるとたま男は大喜びします。)

 

 

 

 

 

 

 

 

自分でもあほやな~っていうくらい、色んなお店の玉子サンドを食している、気のするたま男。

tamagoggo.hatenablog.com

tamagoggo.hatenablog.com

主に玉子サンドを求めてパン屋やら喫茶店やらカフェやら行ってたら、、、美味しいと感じるものもあれば。。。

 

うーーーーん

 

っと個人的に感じてしまうお店もあります。それが人間というものです。

本日と明日はそんなお店をメモがてらご紹介させていただきます。

それでは本日も元気に参りましょう~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※本日はたま男の意見が出すぎで散らかってます。不快にさせるようなことがあれば何なりとコメント欄に記入よろしくおねがいします。

 

 

☆☆☆☆-----------☆☆☆☆-----------

 

 

 

 

 

 

 

パンって、価格との釣り合い、つまり需要と供給の釣り合いが大事だと思うんです。

 

 

 

 

 

 

 

 この記事で、嵜本さんの食パンをディスったかディスってないかわかりませんが(笑)

tamagoggo.hatenablog.com

たま男個人的に「高級食パンは需要と供給が上手いこと釣り合った結果」だと思うんです。

 

 

 

 

 

 

 

 で、今回たま男個人的に残念だった お店がこちら。

心斎橋OPAにある「やまびこベーカリー」さんです。

このお店をプロデュースされた奥田政行さんは山形県で「アル・ケッチァーノ」というイタリアンレストランを経営されているとか。地産地消をモットーにされているそうです。(調べたらスグ良さげな情報が出てくるので、詳細は読者様におまかせします。)

 

 

ちょっと疲れる主張の激しいHP

www.opefac.com

 

 

 

2016年9月16日オープンの比較的新しいこのお店。たま男は9月下旬くらいに訪れました。

 

かなり見た目は美味しそう!

 

 

 

で話題になっていた玉子サンドと野菜サンドを買いました、が。。。

難点

「見栄えがいいが、価格が高い。」

玉子サンドは300円、野菜サンドは500円弱。素材に拘っているようなのでそれで説明は一応は付きます。そして近ごろはよくあることなんです。

 

 

 

これで美味しかったらたま男も文句は言いません。

 

 

が。。。

 

 

 

どちらもあんまり美味しくない。パンも普通。

大好きな玉子サンドもこのお店で買う必要性のまったくないもの。素材にこだわっていますがココまで味の中身の無いパン屋さんも久しぶりでした。

 

 

 

 

この後、クリームパンも買いましたが。。。普通でした、とさっ!

 

 

 

 

 

 

 

☆☆☆☆-----------☆☆☆☆-----------

 

 

 

 

 

 たま男個人的にはこのお店がこの味、クオリティで続けていくことができるのか、ある意味楽しみでもあります。

このお店で得た結論。

  • 「パンは素材も大事ですが、普通の素材でも美味しく作るほうがいいよね。」
  • 「パン屋はリピーターがあってこそ成り立つお店。このお店にリピーターはいないのではないか。」
  • 「たま男は美味しそうな店に一度は行きたいから、ちょっと満足(おいおい~)」

以上です。

ちょっと文が少ないですが、言いたいことは書いたので(笑)

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

今回のお店:やまびこベーカリー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こういうお店は好きになれんの~

(なら行くな、そう行かなければいいのです)